この世界の片隅に
世間の流れに遅れることしばし、ようやく「この世界の片隅に」を見てきました。
(それからこうして出すまでに、何ヶ月経ったのやら…。この文以外は、大体半年近く前のものだと思って見てもらえたら嬉しいです><)
映画を見に行くのは久し振りですが、大画面と音は迫力があるし、他の何にも邪魔されることなくその世界に没頭できるのはやはりいいですね。気になったものは、また見に行くようにしたいなぁと思いました。


戦争って歴史として学校で習いますし、その時代を生き抜いた個人をドキュメンタリーなどで見る機会もあります。
でもそこで触れられる人って、中枢にいた人物であったり、赤紙が届いて戦地に行く青年の話だったりがほとんどのように思います。
この時代を生き抜いた一人の女性の話、それ自体が新鮮でした。
僅かなことで人生は変わる。あと10秒遅ければ、いつもと違う道を通ったから。些細なことで、遭うもの遭わないもの。それを運がいい悪いと言うのなら、いまより運が悪いことがきっと多かった時代。
その時代を生きた、すずさん。


以下、個人的感想です。
続きを読む
【2017/07/16 03:07 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(0) | トラックバック(0)
あなたは
いま
続きを読む
【2015/07/16 23:58 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(0) | トラックバック(0)
キャラクター大賞☆
キャラクター大賞、今年も発表されましたね^^
プリン、1位おめでとう!
☆キャラクター大賞結果☆

最近はプリンカフェとかも出来てて上位に来るだろうなーとは思っていましたが、頂点とは。プリン好きとしては嬉しい限りです(´ω`*)
Yahoo!のトップでニュースになっていたのでびっくりしました。ポムポムって略されてましたが(笑)。確かにプリンだと紛らわしいんでしょうけど…ポムポムって言われてもなぁ~笑

正直なところ、2位にランクインしていたアニメのに持っていかれると思っていました。私自身は内容を全然把握していないんですけどね。
ああいうアニメをサンリオでやること自体に抵抗はないんですが、やはりサンリオはキティとかのキャラクターありきだと思っているので、そういうキャラクターが好きな人が投票してくれての1位かーと思うと感慨もひとしお。
ぐでたまは3位くらいに入るかなーと思っていたら、意外にもシナモンの壁が高かったみたいで…笑

日頃、あまりグッズを見かけないような懐かしいキャラが割と上位にいるのも嬉しいです。
ポチャッコとかマロンクリームとか。票数は出ていませんが、票を入れてくれた人がたくさんいるんだなぁ、って。
チアリーチャムも思ったより上位!
私が推していたマシュマロにゃんこは40位で、思ったより低いかな…。可愛いんだけどなぁ。目立たないのかしら…。

どんな順位でも、愛されていれば嬉しいな。
【2015/06/28 01:44 】
サンリオの小部屋 | コメント(0) | トラックバック(0)
続く名前?
襲名という儀式(?)に抵抗感を覚えるこの頃です。

初代さんが素晴らしい芸なりを持っていらっしゃったから名が継がれて、その名を名乗ることができるって、その道の人には名誉なことなのでしょうけど。
私にとっては大変な疑問符でした。


へのへのもへじさんという、素晴らしい噺家さんがいました。
その功から、もへじさんの名が継がれることになり、もへじさんの弟子だったもへいちさんが二代目のへのへのもへじを襲名しました。
二代目のへのへのもへじさんも素晴らしい噺家さんでした。
やがて、もへろうさんが三代目へのへのもへじを襲名します。
三代目のへのへのもへじさんも素晴らしい噺家さんでした。

さあ、へのへのもへじさんは誰でしょうか。


この業界の仕組みとか全然わかってないので、おかしい部分はあるかもしれませんが…。
もへじさんになっちゃった、もへいちさんともへろうさんはどこに行っちゃったの、って思うんですよ。

名前を変えても、もへいちさんももへろうさんも、誰ももへじさんにはなれないのに。
もちろん、もへじさんだって、もへいちさんにももへろうさんにもなれない。
それって大事なことじゃないんでしょうか。

こちらも守備範囲外なので上手いこと把握していませんが、相撲みたいに、名前はそのままで大関とか横綱みたいな肩書き(?)だけ変わればいいのになぁって思うのです。
たとえば、白鵬が白鵬って名前じゃなくて横綱って名前になっていたら、白鵬が引退して別の誰かが横綱って名前になった時に、私は白鵬を忘れてしまうと思うのです。



前にちょっと書いた、2年前の私の思考でした。
あえて、当時書き残していた文章をそのまま使用。
でも、いまも同じように思います。

だってなんだか、寂しいんじゃないかな、って。
【2015/03/22 02:03 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(2) | トラックバック(0)
ふつう
普通が一番、普通。


我が家にある、みかん絵日記のコミックスでの台詞の一部(うろ覚えなので表記は怪しい)。
そういえば、この作品との出会いが思い出せません。


作中、海外に行く知人から、戻るまでと犬を預かった病院のセンセ。
そこで紡がれる、たくさんの日々。
月日が流れて、彼らが帰ってくることになり、預かった犬を返す前日。
家政婦さんは別れがたくて、でもそんなことは言えないからと、
センセに内緒でわんこに豪華なご飯を用意します。
それを見たセンセの台詞。

「普通が一番、普通だな」

子供だった私にはよくわかりませんでしたが、
いまになってなんとなくわかるような気がするのです。
普通が「良い」と言わない辺りに、
センセの価値観が見えて面白いなぁと。


普通の中の普通も、
普通の中の特別も、
特別の中の普通も、
特別の中の特別も。

多分みんな、悪くないと思うのです。
【2015/03/12 02:55 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(0) | トラックバック(0)
答えはどこ?
なんだか引き籠り気味です。
家から、ではなくて、人とコミュニケーションをとる場所から。

理由もわからないまま、Twitterから遠ざかっています。
フォローしている誰も嫌いになったわけじゃないのに。


探してもいない答えを、偶然の場所から見つけることがあります。
久し振りに十二国記を手に取って読むと、
何気なく手にした一冊に、答えや共感を見つける現象、
いままでに何度かあります。
不思議。


答え、じゃないのですが。
いま、このブログが探せなくて微妙な気になっています。笑
ちゃんと更新していた頃は、Yahoo!とかで
ブログ名を検索したら何個か目には出てきていたんだけどな。
疎遠になっているうちに、
ひっかかるのがモバイルっぽい何かだけになっていました…;
ちゃんと更新してたら、改善されるのかしら。笑
【2015/02/25 01:40 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(0) | トラックバック(0)
いいなぁ
いいなぁ、って。
ふわふわとそんな気分でいます。

ちょっと久し振りの感覚かもしれません。


さっき、某女優さん(前の記事に書いた方とは別です)のブログを眺めてました。
「さん」というより「ちゃん」かな。
フレッシュな感じが色んなところから感じ取れました。


仕事も学校もなかったら家にいることが多いとか、
色んなものや人をシャットダウンしたくなることがあるとか。
飾らない、等身大の女の子が見えました。

それでもお芝居が好きなんだなぁとか、
きちんと上を向いてるんだなぁとか。
ただ名前やお芝居を見ているだけでは絶対わからない何かが垣間見えたようで、その子のことがもっと好きになりました。


朝に書いたら「いってきます」「いってらっしゃい」
夜に書いたら「おやすみなさい」
そんな当たり前の言葉が、とても暖かく感じられて。
いいなぁ、って思ったのです。


余談ですが、好きなテーマパークにピューロランドを挙げていたので、その辺でも株が上がりましたw
あんまり書くと誰のことかわかっちゃうかな。笑


せっかくなので、テイストもちょっとだけ真似してみました。笑
その子も周りに流されやすいって書いてたので、密かに親近感。笑笑

女優さんとかって、本当に芯の強い、自我を持った人じゃないと無理なんだって思ってました。
もちろんその子もちゃんとした意思を持った子だと思ってるんですけど。
もっと色んな人に愛されて、大成してもらえたらいいなぁ、なんて思います。


刺激をもらうのは2次元でも3次元でも同じだと思ってたけど、
3次元のリアルさはすごい…!
って、2次元沼にいた私は感動することしきり。笑


なんだか最近はエンジンがかからなくて息切れしてたけど、
キラキラっていろんなとこにあるんだなー!
【2015/02/24 02:47 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(0) | トラックバック(0)
綺麗な、
前回の記事でもちょこっと書いてましたが、とある作品から出演されている方にも興味を持って、ブログやTwitterを覗いていたりします。

ちょっと前になりますが、その中のお一人が、綺麗な言葉を使える人が好き、というようなことをおっしゃっていたのです。
それを見て、ここしばらくの自分の言葉はどうだっただろうかって考えて…私は該当しないなと苦笑いが浮かびました。

このところ、自分が好きだったものに対してもなかなかエンジンがかからず、給油ランプが点いたストーブみたいな状態のまま無理して走ってる感じでした。
どうしてそうなったのか、理由は自分でもわかりません。
ただ、少し前にネットで見た、お金がないと料理をする気力が起きなくてコンビニ弁当になり、それがまた金欠を招いて…という悪循環、それに少し似ているような気がします。多分、何かの歯車が上手くいっていないのでしょうね。
そういう時って、なんだか言葉も綺麗でいられない。
言葉だけじゃない、服とか所作とか、そんなちょっとしたことも、多分綺麗じゃなかった。

私に…少なくともいまの私にとっては、綺麗な言葉を使える人が好き、という言葉ですら、綺麗で眩しい。
その人にだって大変なことや辛いこともたくさんあるはずで、それを認めていても自分のやりたいことに向かって走る。その夢を追うために稽古をし、肌や髪を整えて、だから見た目もとても綺麗。
その人たちはTVや雑誌に載る人だけれど、そんなことは本当は関係なくて、すべからく努力をして、だから綺麗なんだなぁって思ったのです。

よく考えたら、これってピューロのダンサーさんを見ていた時にも思ったことかもしれない。
自分のやりたいことを、夢を追いかけて努力した成果としての美しさ。
いまでもダンサーさんたちにはあこがれるけれど、そんなところに惹かれたのかもしれないな、と。

まずは、エンジンをかけるところからだけど。
私も、そんな綺麗な自分になりたい。
【2015/02/16 04:37 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(0) | トラックバック(0)
ひさびさのつれづれ
こんにちは。いまの時間から正確にご挨拶すると、こんばんは、なのですが。
お久し振りになりました。

かなり長いことここには来ておらず、存在自体があるかわからないまま来てみたのですが、ちゃんと残ってるんですね。退会手続きを取ってないなら、そりゃあ…と言われちゃうかもしれませんが。
久し振りすぎてパスワード忘れてましたw


久し振りにここへ来て、自分の過去の呟きを見て、変わっている自分も変わっていない自分も感じました。変化が嫌いなのは、相変わらずです。

世の中はTwitterやFaceBookに溢れて、ブログ市場は縮小傾向なんでしょうか。
かくいう私も、Twitterでうだうだと呟くようになってからこちらは疎遠になってしまいました。
短くぽんと呟けるのはいいですが、考えて書く、それを推敲する、という作業をしなくなってしまうので、文章をまとめる能力は落ちたかなぁ、と思ったり
それでも、女優さんとかスポーツ選手とか、まだまだブログを使ってらっしゃる方も多いのですよね。久し振りに3次元の方に興味を持って(笑)追い始めたら、Twitterもブログもやってる方がいて、確かに書けるものが違うなぁって思ったり。


こうやって、ぽやぽやと考えながら書くのも久し振りです。
元々、こういう記事を書こうって思い立ってから記事にするまで、頭の中でひねくり回してから文に出すタイプなので、下ごしらえ何もなしで書こうとすると挙動不審になります(笑)。

今日、久し振りにブログを覗いたついでに、下書きもといネタ帳にしていたファイルを見てみたら、ほぼ書き上がっているのに上げてない文章がありました。もう2年以上前のものですが、いまの私でもそうだなーって思うので、それはまた、そのうちに上げられたらいいな、と思ってます。
【2014/12/29 23:05 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(0) | トラックバック(0)
何が見える?
遠い未来の展望って大事。
最終到達地は未定でも、方向くらいは決めておかなくちゃならない。
…それは、わかるんだけど。
足元もちらっとでもいいから見ておいた方がいいと思うんですよね。
熱血青春ごっこ(笑)してて夕日に向かって走ったとして、足元見ないで転んじゃったら目もあてられないっていうか。

…わかってますわかってます。
結局は、選択肢を目の前にして怖気づいて、結論を先延ばしにしたいだけなんですよね。

明日も未来もどうでもいい、ってほど投げやりではなくて。
繰り返す日々が穏やかで、事件も波もなくていい、ただそれだけなの。


そんな子のお話だって知って気になった、コバルト文庫・片山奈保子さんの「さよなら月の船」。
同じように感じる子が、どんな道を進むか気になって本をめくったのを覚えています。
でも、ゆずちゃんはどこかのラインですぱんと変わってしまった。
それはもう、私の手の届かないところへ。
しかもなんていうか…普通の人が歩いてそこへ行っているのに、ゆずちゃんだけは何故か車とかどこでもドアを使って行ったような、反発心が自分の中にあります; やはり、あの話自体に納得がいかないせいかしら;
それだったら、ティーンズハートで佳作をとった水原沙里衣さんの「青き機械の翼」に出てくる知菜ちゃんの方が親近感があります。たとえ大賞ではなくとも、私には意味のあるお話でした。


さて。答えは。
私の明日は、どっち、いいえどこへ向かっているでしょうか。
【2012/05/17 03:24 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ