スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
一年
3月11日。
多分、たくさんの人にとって普段と違う日。

揺れた地域の人。
家が壊れた人。
大切な誰かを失くした人。
ニュースを見つめることしかできなかった人。
今も大切な誰かを探し、待ち続けている人。
住み慣れた家を、離れなければならなくなった人。
もしかしたら、あの日さよならをした人にとっても。

たくさんのことが起きた、あの日。


早いと思うか遅いと思うか、一年が経ちました。
地球が太陽の周りを一周して、また同じ場所に戻ってきた日。


暮れていく空を見上げながら、一年前もこんな時間に日が沈んだんだろうなと考えました。
確かあの日は、もっと雪が残っていて。
天気は覚えていないけど、見える星はきっと変わらなくて。
…でも、空を見上げる余裕すらなかった。

いつもと同じように起きて、ご飯を食べて、昼過ぎはちょっとだけ眠たくて。
明日も同じような日を繰り返すんだと、あの時まで何の疑いもしなかったのに。

あの、揺れから。
ネットも携帯も通じず、余震に怯え、流れるニュースの映像が、信じられなくて。
友人と連絡が取れずに一人で泣いたり。
些細なことに動揺して、色んなことが受け入れられなかった。


一年というのは時間の流れ。
そこに区切りなんてものは多分ない。
でも、線を引いたことで歩き出せるなら、悪くないのかもしれない。
止まることなく流れる時間が、どうかたくさんの人を導いてくれますように。


亡くなった方には、ご冥福をお祈り申し上げます。
行方のわからない方が、早く見付かりますように。
身元のわからない人が、無事に家族の元へ帰れますように。
被災ならびに避難された方が、それぞれ良いと思える道を歩けますように。


どうか、明日も。
日付という線を越えて、前を向いて歩く力が溢れますように。
【2012/03/12 16:34 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<きもち | ホーム | 新年が明けました>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rabbitvillage.blog108.fc2.com/tb.php/355-ef184044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。