スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
綺麗な、
前回の記事でもちょこっと書いてましたが、とある作品から出演されている方にも興味を持って、ブログやTwitterを覗いていたりします。

ちょっと前になりますが、その中のお一人が、綺麗な言葉を使える人が好き、というようなことをおっしゃっていたのです。
それを見て、ここしばらくの自分の言葉はどうだっただろうかって考えて…私は該当しないなと苦笑いが浮かびました。

このところ、自分が好きだったものに対してもなかなかエンジンがかからず、給油ランプが点いたストーブみたいな状態のまま無理して走ってる感じでした。
どうしてそうなったのか、理由は自分でもわかりません。
ただ、少し前にネットで見た、お金がないと料理をする気力が起きなくてコンビニ弁当になり、それがまた金欠を招いて…という悪循環、それに少し似ているような気がします。多分、何かの歯車が上手くいっていないのでしょうね。
そういう時って、なんだか言葉も綺麗でいられない。
言葉だけじゃない、服とか所作とか、そんなちょっとしたことも、多分綺麗じゃなかった。

私に…少なくともいまの私にとっては、綺麗な言葉を使える人が好き、という言葉ですら、綺麗で眩しい。
その人にだって大変なことや辛いこともたくさんあるはずで、それを認めていても自分のやりたいことに向かって走る。その夢を追うために稽古をし、肌や髪を整えて、だから見た目もとても綺麗。
その人たちはTVや雑誌に載る人だけれど、そんなことは本当は関係なくて、すべからく努力をして、だから綺麗なんだなぁって思ったのです。

よく考えたら、これってピューロのダンサーさんを見ていた時にも思ったことかもしれない。
自分のやりたいことを、夢を追いかけて努力した成果としての美しさ。
いまでもダンサーさんたちにはあこがれるけれど、そんなところに惹かれたのかもしれないな、と。

まずは、エンジンをかけるところからだけど。
私も、そんな綺麗な自分になりたい。
【2015/02/16 04:37 】
中央広場(日常・雑談) | コメント(0) | トラックバック(0)
<<いいなぁ | ホーム | ひさびさのつれづれ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rabbitvillage.blog108.fc2.com/tb.php/359-86bfe3bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。